避妊薬110番

避妊薬110番は初めて避妊薬やピルを使用する方を応援しています。

サイトイメージ

避妊薬110番へようこそ

避妊薬110番は初めて避妊薬やピルを使用する方を応援しています。避妊薬の中にも種類はたくさん存在しており、それぞれの避妊薬の特徴や効果、副作用などをまとめています。また、消退出血と不正出血の違いなどを詳しく記載していますので参考にして下さい。

また避妊薬の口コミと価格比較はこちらからご確認頂けます。

初めて避妊薬を使用する方へ

初めて避妊薬を飲む場合、一般的には生理初日に低用量ピルの1錠目から飲み始めます。生理初日と言っても寝ている間に生理になる事もあります。日付が変わっても24時間以内であれば、その日に飲んでも問題ありません。避妊効果はその日から得られます。

飲む時間は食前食後関係なく何時に飲んでも問題ありませんが、毎日同じ時間に飲むようにします。飲み始めは不正出血や消退出血、頭痛に吐き気などの副作用が出やすくなります。

辛い生理痛には低用量ピルが効果的だとされています。通販ページはこちらよりどうぞ。

避妊薬の副作用を解説

避妊薬の副作用として現れ易い症状の代表例が、吐き気とむくみです。何れも避妊薬が女性ホルモンのバランスに影響し、それが継続化する事で齎されるものです。

吐き気については嘔吐に至った場合を目安に医師の診察が必要となりますが、こちらは服用期間が長くなって来ると一般的に納まって来ます。一方、むくみについては継続的な症状になる事があります。

ナトリウムイオンの取り込みが活性化する事が要因なので、食事の塩分を控える事が対策として有効に機能すると言えます。

避妊に失敗…そんな時は緊急避妊薬の出番です

コンドームを使った避妊はほぼ百パーセント近い確率で成功します。ただ、激しいセックスをした場合、知らず知らずの間に膣の中でゴムが破けてしまい、男性がそのまま中出ししてしまう事がしばしばあります。破けたゴムに避妊効果はほとんど無いため、避妊が失敗に終わります。

当然ですが、コンドームの破損は中出しをした後に気づきます。そんな時は慌てず騒がす、緊急避妊薬(最近ではアフターピルとも呼ばれる製品)を入手しましょう。中出しをしてから72時間以内に緊急避妊薬を飲めば高確率で事後対策が出来ます。

アフターピル・避妊薬はこちらから購入していただく事ができます。

避妊薬と不正出血

避妊薬であるピルを服用している時に、生理ではないのに不正出血が出る方が居ます。この原因も副作用と考えられていますが、多くは定期的に飲むのを忘れてしまった場合に起こりうるものです。

なぜ飲み忘れたら出血をするのか、それは女性ホルモンに影響を与えている薬だからです。飲み忘れたら女性ホルモンは正常に働きだし、生理が始まってしまいます。

出血量が多くなければ、またピルを飲んだら生理は止まりますが、出血が多い場合はかかりつけ医に相談をしましょう。

避妊薬使用後の消退出血と不正出血の違い

消退出血は女性ホルモンの分泌が減少し、子宮内膜が剥がれ落ちて出血することです。避妊薬を服用している場合はやめてから数日後に消退出血が起こり、出血の多さは生理に近い量があります。

一方不正出血は生理や排卵日の前後以外に見られるもので、ホルモンバランスの乱れや子宮や卵巣などの病気に罹っている可能性があります。

基礎体温を測っておくと生理周期が把握できるため、不正出血なのか消退出血なのかの判断の目印になります。

個人輸入で避妊薬の通販をするなら個人輸入がオススメです♪こちらへお進みください。